〝ビジョン2025〟チェンジ ザ・ワールド Part 2

執筆者:Pyon

話しを進めていきましょう。

前回の記事で私は、

〝お金で経済を回さなければならない〟という現代の常識に囚われない〝発想〟をして世界を再創造していく… そもそも私たちはいつまで〝お金〟というアイデアで築き上げられて来たこの世界に縛られて生きていきたいのでしょう? 世界は今や〝お金〟に縛られないで〝回していける時代〟に突入しているんです。

と、書きました。

そして締めの方では、アメリカ国防総省が高速で上空を移動するUFO映像を公開したことに伴い、人類の未来のヒントは〝宇宙に存在していました〟。その鍵は〝宇宙からやって来ている存在〟に 目を向けることです。

と言い放ちました。

そうなんです。

まさに私たち人類(地球人)は、次のことを〝これから起こる出来事の予測〟として準備をする段階にたどり着いた(成長した)と捉えることが出来ます。

それは何かと言うと、

人類(地球人)もようやっと〝大人へと成長する最後の段階〟まで成長したということです。

それはどういうことかと言えば、

人類はいよいよ、自分の我を優先する〝精神〟ではなく、〝自分はこうしたいと思う、ということは、自分以外の人も同じように思うんじゃないか?〟

と、自分がやりたいことを強引に押し通すのではなく、相手(これは時には〝人類〟であったり〝地球上の生き物〟のことを考えることも含める)のことも〝考え〟て、自分の行動を考えられる人

=精神で自分の行動をコントロールできる人=本当の意味での大人

になる時 ならねばならない〝歳〟になったよー

ということを意味しています。

なぜ、私はそう言い切れるのでしょうか?

そこには、人類全体をホロンで捉える概念があるからです。

人類はいよいよ自分たちの〝エゴ〟を超えて、この地球上での〝生〟は、何かを所有して自己顕示を誇ることに価値があるのではなく、『全てのものはもともとこの世界に存在していて、自分が生きている間はそれをお借りする〝シェアさせてもらっているんだ〟』という〝意識〟に地球人の精神が向上する時、世界から〝略奪や奪い合い〟がなくなり、本当の意味でのシェアリング精神が芽生え、この世界の常識が〝奪い合う〟から〝分かち合う〟文化に生きる人類へと成長を遂げることになるでしょう。

人類がこの精神レベルに到達するまでにはまだまだまだまだ乗り越えないとならない大きな葛藤が待ち構えているでしょう。

それは容易に想像出来ます。

これから先、今の資本主義経済社会の行く末には、テクノロジーがどんどん進歩し、仕事に溢れる人たちが続出して来ます。

テクノロジーが進むことによって解雇されて行く労働者は、次の仕事を探しにハローワークに行くものの、再就職先も見つかりません。

もう〝その人〟を雇ってくれる会社は無いのです。

なぜそんなことが起こるのでしょうか?

それは今の時代の生き方が資本主義経済に縛られているからです。

企業は生産性を求めます。

何故ならより高い生産性を維持して利益を出し、その会社を支えてくれている〝株主様〟に高い配当を払って、さらにその人たち=資本家に喜んでずっと自社を応援し続けてもらう=資金提供して行って欲しいからです。

さぁここで一つの問題が湧き上がって来ました。

それは雇用の問題です。

企業は生産性を上げて他社より優位に立つために、〝使えない人〟を雇うより、より使えて文句も一切言わずに24時間365日働いてくれる優秀なロボットを会社は採用します。

一人、また一人とロボットに仕事を奪われていき、職を失い、収入を失った人が生み出されます。

上記のことは、今後あらゆるジャンルで起こって来る訳です。

そして最後には最後の一人の従業員の解雇が起こります。

さてここで皆さんに質問します。

従業員を全て最新のロボットに置き換えた会社(AI普及も含めています)はハイパー利益を生み出します。

ではその会社が生み出した利益はどこに還元されるのでしょうか?

株主にですね

正解です。

しかしそこの会社を支えて応援して来てくれた株主さん達も今や自分の職はやはり自分よりも仕事が出来る〝優秀なロボット〟に仕事を奪われ、生活が成り立たずにその会社の株を売って生計を維持しています。

さぁいよいよ問題が起こります。

今までその会社を支えて応援して来てくれた株主は去り、大きな〝利益〟だけがその会社に残りました。

ではそのお金はどうなるのでしょうか?

配当を払わねばならない約束だった株主たちは今や、自分たちの仕事を奪われたあおりでその会社の株を売って生計を立てて生きているので、彼らに高額な配当を支払う必要はなくなったのです。

そうすると…

その会社の利益は、最後まで残った経営者を含む上層部数人で山分けと…

そんな世界が来ると思いますか?

そんな世界が来ても、経営者を含む上層部の人間たちのみが利益を享受し、それ以下の労働者は職を奪われ、再就職も出来ずに株も売り無収入で生活…

私はここで言い切ります。

世界は変わりますし、変えなくてはなりません。

それには最後の精神的葛藤を人類は乗り越えなければなりません。

そこにたどり着くために求められるのが、あらゆるものをシェアする心=分かち合う心=精神。

今出現した新型コロナウイルスは、人類に〝分かち合って生きていく〟精神への成長を突きつけて進んでいます。

人類が次のステージに昇華する鍵は〝分かち合い=助け合う心〟の顕現。

次回はさらに深い洞察を話したいと思います。

長文にお付き合い頂きありがとうございます。

ACイラスト MIXおじやさん


未来が見えるね研究所 研究員 Pyon

未来が見えるね研究所 未来研 横浜 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000