年の始まりはビットコインの急上昇から

執筆者:小山英斗

仮想通貨市場にはお休みがありません。年末年始も取引が行われています。そんな年明けの仮想通貨市場ではビットコインの急上昇で始まりました。

去年はバブル相場と言われた2017年につけた高値の更新が注目され、1ビットコインが2万ドルを突破したのが12月17日。それからわずか2週間ちょっと経過した年明けには3万ドルを超えてきました。

チャートを見るとまたバブルかと思うほどの急上昇です。2017年当時と今の大きな環境の違いは、2017年当時は個人の投資が価格押し上げの要因になったと言われていますが、今回は大口投資家や機関投資家の本格的な参入が価格上昇の要因と言われています。これには、コロナ禍に対する各国の経済対策などにより、世界規模で起きている大規模な金融緩和が将来の法定通貨の価値を下げることを見越し、資産保全のために価値保存の手段のひとつとしてビットコイン購入に向かっているようです。

仮想通貨はまだその歴史は浅いですが、IT技術をベースにしたものであると考えると、インターネットやスマホが急速に普及してきたように、仮想通貨(特にビットコイン)も資産としての位置づけの確立も早いものとなるかもしれません。

ビットコインはデジタルゴールドと揶揄されているように、その性質が金(Gold)と似ているとされています。ビットコインがこれからも価値があがっていくとする根拠のひとつが金と同じように価値保存の手段になると考える人がいるからです。

まだまだ値動きの激しい仮想通貨ですが、だからこそ時間分散の積立投資は有効と思います。ただし、その前提として、将来的にもその価値が上がっていくという考えがありきになります。ビットコインが今後金のような存在になりその価値があがっていくと思えるのであればビットコインを対象にして積立投資をするのもよいかと思います。


未来が見えるね研究所 代表 小山英斗

未来が見えるね研究所 未来研 横浜 独立系 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000