〝ビジョン2025〟チェンジ ザ・ワールド Part 15

執筆者:Pyon

皆さま

新年明けましておめでとう御座います。

次期アメリカ大統領

いろいろな説も有り、トランプ大統領が逆転訴訟勝ちに持ち込めるかと思いきや、力及ばすで敗北を認めて大統領の引き継ぎをして行く方向に決着しましたね。

トランプ大統領を支持するQアノン信奉者らの期待叶わず、今回の大統領戦は終了と⁉。

参考記事)

米民主党、トランプ政権にクーデター?

2020/12/4(金) 11:07配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbd80627b6eafc7da7684fa4463957fc32526449?page=1

さていよいよバイデン氏率いる民主党陣営による政治が執り行われて行く方向かと思いますが、バイデン政権によって世界はどんな新たな秩序を形作られて行くのか、予断は許さない状況です。

今回のアメリカ合衆国大統領戦を見続けて来て、今までと違う時代になって来たなとつくづく思うのが、やはり何と言っても〝SNS〟の影響力の台頭ですね。

トランプ大統領が大統領再選に負けた?とは言え、約半数近くの得票数の国民の支持を得られたのは、〝SNS〟の象徴Twitterのフル活用の結果ということで…

しかし、今回のトランプ大統領の発言が暴動を扇動するとしてTwitter社がそのトランプ大統領の個人アカウントを永久停止にした措置は、はたから見ると、〝SNS〟を提供している〝一社〟に過ぎないTwitter社がどれだけ情報を検閲して提供する権力を持つ一社として強大化したかが窺えます。

トランプ大統領は、この一社のSNSシステムに屈服することなく、すでに本人も支持層も移動し始めている他の同じ様なシステムを提供しているSNS提供会社のSNSにアカウントを作り、自らの言葉が封じ込められない様に

〝SNS〟分散運用をしておかないとならないですね。

この様にまるで政府の検閲機関の様に振る舞う状態になって来た〝SNS〟提供会社Twitter社の様に、言論の自由を検疫しないで情報をアップするTwitter社の対抗馬とも言える例えばGabの〝SNS〟など、〝SNS〟界?の健全性を担保する為に、こちらの方でクローン復活すれば良いのだろうと

参考記事)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff32058aca6d6f0ea64099922f3f1ae572130ee2

世界は情報をコントロールし、国民を同じ考え方で生きる様に統率したい方向性が見えますが、情報は大本で検閲するべきではなく(もちろん殺害予告とか酷い個人攻撃の様な投稿は削除で見れない状況にパトロールすることは運営社側でやる必要は有りますが)、思想や価値観の発信を〝SNS〟提供会社が検疫して取捨選択を行うという行為は確実にマズイ世界を形成して行ってしまいます。

簡単に言えば、それは巨大〝SNS〟提供会社は、=今の大手テレビ局と同じ様な状況になってしまうからです。

Twitterの仕組みは人類に新たな地平をもたらしたかもしれませんが、その会社が頂点に単独で君臨してしまう状況になると、それは〝会社〟ですから、私見で今回のトランプ大統領のアカウント永久停止の様な権力振りかざしが起こるので、常に競争して同じ様なシステムを提供する会社の存在は必要ですね。

今現状で考えられるTwitter社に変わる同様の〝SNS〟 システムを提供している会社、例えばParlerとかにも頑張ってもらいたいと思います。

情報はそのシステムを提供する側で検閲されるべきではなく、受ける側で頭を使って判断するという形を維持して行かないと、我々国民は知らず知らずのうちに〝SNS〟提供会社が閲覧していいよ!という情報しか受け取れない中での思考になり、我々は知らず知らずの間に一つの考え方に統率されて行き兼ねないですから

さぁ、注意深く思慮深く、〝SNS〟から提供される情報を捉えてまいりましょう!

私たちはいまこの世界を牛耳っている為政者に従順に従って行く羊の群れにならない様に

声を上げてまいりましょう!

そんな2021年のスタートですね

今年もよろしくお願い致します。

ACイラスト tomorrowさん


未来が見えるね研究所 研究員 Pyon


未来が見えるね研究所 未来研 横浜 独立系 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000