加入義務が広がる自転車保険、安易に加入すると補償が重複することも?加入前に確認しておきたいこと

執筆者:小山英斗

2021年になっても新型コロナの終息が見通せない状況です。緊急事態宣言も東京をはじめとしたいくつかの都府県に出されています。蜜を避けるために時短営業の要請もでたりしています。在宅勤務となっている人も多いのではないでしょうか。

それでも電車やバスなどの公共交通機関では通勤のため混雑している地域もあるようです。

そんな公共交通機関での蜜を避けるために、自動車やバイクなどを移動手段に替えている人もいるようです。

自転車もそのひとつのようですが、自転車には近年、自転車保険の加入義務が広がっています。

その背景には、自転車事故による高額な損害賠償責任が発生するケースがあるからのようです。

自転車保険についての私の記事が以下のサイトに掲載されています。ぜひ、参照してみてください。


Yahoo!ニュースサイト

加入義務が広がる自転車保険、安易に加入すると補償が重複することも?加入前に確認しておきたいこと

ファイナンシャルフィールドサイト

加入義務が広がる自転車保険、安易に加入すると補償が重複することも?加入前に確認しておきたいこと


未来が見えるね研究所 代表 小山英斗

未来が見えるね研究所 未来研 横浜 独立系 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000