コロナ対策で思うこと

執筆者:Pyon

前回の記事の続きで、アメリカ国防総省が公開したUFO映像から

『宇宙からやって来れる〝存在〟は、間違いなく今の地球人よりも〝先を行っている存在〟だということ。』 

の関連記事を書こうと思っていたのですが、今回は先にどうしても吐き出したいことが出来たので、日々生活するコロナ渦の中、言いたいことを徒然に書き綴ってみました。

なぜ、巷では、〝密ではない〟屋外を歩く時にもマスクをしていなければならないムードが漂っているのでしょうか?

(そう感じるのは私の思い込み?)

ウイルスは空中をあまねく浮遊し、外出する我々を一年中、どこに行っても待ち構えている状況ではないですよね?

ならば、広い空間の中、

3密にならないシチュエーションでも一日中外出時にはマスクをする(食事をする時以外は常にマスクをし続ける)

という、この数ヶ月前までにはなかった〝習慣〟をここであらためて立ち止まり、皆でじっくり見つめ直しませんか?

3密になるシチュエーション以外では、マスクしなくて大丈夫ですよ

政府並びに大手マスコミ各社様

各社一様に一並びに3密になるシチュエーションでの感染リスクを大々的に報道するのはいいのですが、

〝3密ではない環境における《感染率》〟

= 3密になるシチュエーション以外では感染は起こっていない

ということも検証し、3密になるシチュエーションの危険度の報道と同じバランスで、

3密になるシチュエーション以外では感染は起こっていない

ということを検証し、報道して行くべきと思います。

じゃないと多くの日本人は皆生真面目ですから、感染する要素がない3密になるシチュエーション以外の屋外でも一日中マスクをし続けるという不要な行動を続けてしまいますから…

(それで熱中症になってどうするの…?)

なぜ、3密になるシチュエーション以外では感染していないのか

ということを検証して報道するところが一つもないのか?

政府やマスコミが一方的に報道し続けるプロパガンダは、常に疑ってみるという習慣を身につけたいと思う次第です。

マスクをするのは、人と話す機会がある時や、3密になるシチュエーションや空間、すし詰めの通勤・通学車内、発言が求められる学校生活、会社のオフィス等でいいハズで、

一年中、外出時は四六時中マスクをしていないとならないということはないハズです。

なので、私は外出時にはマスクを携行はしますが、

上記のような3密になるシチュエーション等の必要がない時はマスクを外しています。

そうしましょうよ

今回は、最近のマスコミ各社一様の「マスクしてる」「マスクしてない」報道から感じたことを書かせて頂きました。

お読み頂きありがとうございます。


未来が見えるね研究所 研究員 Pyon

未来が見えるね研究所 未来研 横浜 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000