仮想通貨で利益が出たときの税金はどうなるの?

執筆者:小山英斗

去年の中ごろから上昇傾向にあった仮想通貨。今年に入ってもその上昇傾向は続いているようです。仮想通貨の代表と言われるビットコインも2017年の仮想通貨バブルと言われた頃の最高値約200万円を2020年12月に更新してからまだわずか2ヶ月もたたないうちに、2021年2月14日時点で500万円台をつけてきました。

最近では大手企業の仮想通貨市場への参入のニュースが連日のように流れています。米国の上場企業であるマイクロストラテジーやテスラなどといった企業が、内部留保している資金の一部をビットコインで保有するなど、資産保全の手段としてか、はたまた他の思惑があるのか明確にはわからないところですが、多くの仮想通貨がある中でビットコインなどはその価値保存の手段としての地位を確立しつつあるようです。

テスラなどはS&P500株価指数に採用されている企業ですから、S&P500に連動するような投資信託やETFを保有している投資家は、好むと好まざるとにかかわらず、間接的にビットコインを保有しているような状態です。

IT技術をベースにした仮想通貨。インターネットやスマホがある時期から一気に普及していったように、おおきな流れはますます加速しそうです。

その流れに乗って、大きな利益が出ている人もいるかと思います。そんな人たちの懸念のひとつに税金があるかと思います。仮想通貨で利益が出た時の税金はどうなるのか。それに関する私の記事が以下のサイトで掲載されています。ぜひ、参考にしてみてください。


Yahoo!ニュースサイト

仮想通貨で利益が出たときの税金はどうなるの?

ファイナンシャルフィールドサイト

仮想通貨で利益が出たときの税金はどうなるの?


未来が見えるね研究所 代表 小山英斗




未来が見えるね研究所 未来研 横浜 独立系 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000