医療費が心配…医療費負担を軽減できる公的制度とは?

執筆者:小山英斗

病気になったときにかかる医療費。日本では国民皆保険制度により、医療費にかかる自己負担割合が3割以下になるなどの負担軽減が図られています。


それでも治療が長期になれば負担は重くなります。負担をさらに軽減できる公的制度がないか、人工透析が必要になったAさん(後期高齢者)のケースを例に、2回に分けて見てみた私の記事が以下のサイトに掲載されています。ぜひ、参照してみてください。


Yahoo!ニュースサイト

医療費が心配…医療費負担を軽減できる公的制度とは?(1)

医療費が心配…医療費負担を軽減できる公的制度とは?(2) ~人工透析の場合~

ファイナンシャルフィールドサイト

医療費が心配…医療費負担を軽減できる公的制度とは?(1)

医療費が心配…医療費負担を軽減できる公的制度とは?(2) ~人工透析の場合~


未来が見えるね研究所 代表 小山英斗

未来が見えるね研究所 未来研 横浜 FP ファイナンシャルプランナー 資産運用 保険 不動産 住宅ローン ライフプラン 金融 仮想通貨

私たちの使命は、私たちとご縁のあった人たちの 心・体・経済・環境 の4つの健康に貢献することです。 ファイナンシャルプランニングを始めとしたFP全般サービス提供やご相談を受けさせていただきます。 ご相談は面談以外にも、電話やSkype(スカイプ)等のネットを利用したご相談も可能です。Skype等を利用すれば場所や時間の制約を受けずにテレビ電話のようにお話することが可能です。

0コメント

  • 1000 / 1000